脳みそが三つ欲しい

今日は昨日やったTOEIC公式問題集の復習をしていました。
最初の辺りは大体できているのですが、2回目にもかかわらず最後の10問がさっぱり。
明日も同じ部分をやることにします。

昨日の30日英語脳の18日目を復習。シャドーイングがどうしてもできず、何度も何度もやり直しています。はあ、この教材を始めてからもう二年。これを本当に30日で終われる人って、相当できる人だと思います。

途中休んだりもしながら続けていますが、それでも効果は感じています。会話内容が面白いので、途中で止めてしまっても、やっぱり続けたくなってしまいます。せっかくお金を出したので、何年かかってでも身に着けたいです。

私の場合は、一日分を身に着けるために、音読を100-300回位する必要があるようです。20回くらいではシャドーイングできなくて、私って素質がないのかと凹みますが、これが私の実力なんだからしかたないですね。

30日英語脳では文章を読みながらの音読は5回程度が推奨されていますが、ゼロから出発する場合は、5回では全く意味がないと思いました。

あとは、ライティングに関するネイティブのブログを読んだり。ネイティブであっても、簡潔にレポートを書くことは難しいようです。日本では、論文作成技法なんて、学部では講義されていなかったような記憶がありますが、アメリカではグレード別に講義があるようです。

ネイティブでも努力が必要なら、私はもっと頑張らないと。

どうせなら上を目指したいので、アカデミックライティングの本を買って、英会話の先生にコーチングしてもらいながら勉強することにしようかな。一人では絶対にできないでしょうから。なお、この分野であれば、職場の経費を使うことができるため、amazonでよさそうな本を買いあさりました。その額なんと2万円超。今年度中に、ライティングを極めたいです。通常の3割増しで無謀ですが。

ところで、同業者で同じ世代の人たちに話を聞いてみると、結構英会話にお金をかけているようだということがわかりました。英会話学校に行っている人も多いようです。独学でものにしているのではなかったのか・・・。TOEICの対策も大事ですが、理想的なのは「本当の英語力を磨いて、その結果がTOEICにも表れる」ことだと感じました。

同業者では「TOEICなんてどうせ本当の英語力に直結するわけじゃないし」という見方が一般的。でも受けたことのある人は900点くらいとっているそうです。

「学問に王道なし」この言葉を改めて噛み締めております。
スポンサーサイト

基礎を大事に

次のTOEICに向けて、出来る限り詳細に英語学習の記録をつけていくことにします。まあ、毎日続けられるとはすでに思っていませんが。

さて、今日は英会話教室に行って、TOEICのPart5を40問解いて、30日英語脳を久しぶりにやってみました。

英会話教室は、最近は「ゆっくりしゃべって!」と言われなくなっています。今日は「なんかヤル気あるよね、最近」と言ってもらいました。フリートークですので、私の仕事の話をして、「こう言う内容のことを言いたいけれど、どう話せばいいかわからない」「こんな内容をフォーマルに書きたいけれど、どうすればいいか?」「今、この文献を読んでいるけれど、これはイギリスでは一般的なことなのか?」といった内容を一時間話しています。

Part5は、公式問題集を貸してもらったのでちょこっとやってみました。40問解いて、答え合わせをしたら、ぴったり20問が正解でした・・・。知っている単語でも、すっと意味が出てこないため、短時間で正解を導くことができません。やはり、たくさん解いて慣れていくしかないですね。明日は同じ部分をやり直します。

30日英語脳は、本当に久しぶりです。実は、どこにしまったかわからなくなって、しばらく放置していました。久しぶりにディクテーションをしたのですが、以前よりはわかるようになりました。それでも、CDと同じ速度でシャドーイングするのは非常に難しいです。二年たっても6割しかできないことが情けないですが、それでも買ったばかりの時よりは格段にわかるようになっています。

あと2日分をやれば20日分を終えたことになるのですが、未消化の部分をつぶすために、1日めから再度やり直したいと思っています。

11月の終わりごろに英語のプレゼンをしなくてはいけないので、少々焦りますが、ペース配分に気を付けてやっていくことにします。

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

TOEIC IPテスト、次は本気で

IPテストの結果の衝撃で若干打ちのめされ気味ですが、へこたれずに頑張ります。職場に点数がばれるということがこんなにプレッシャーだとは・・・。いや、誰も責めないんですが、なんとも言えない気持ちです。

次の受験までにすべきことは以下の3つ。

1.1.文法問題、語彙をおろそかにしない。
2.Part1.2.5を重点的にやる。
3.テクニックを軽視しない。

まず「1.文法問題、語彙をおろそかにしない。」についてですが、ギリギリのラインですが仕事で英語を使っています。事前に何を話すか大体わかっていることと、相手が「英語の苦手な日本人」だと思ってくれるのでなんとかなっていたようです。また、仕事の文献を読むときは辞書がないとまだまだ厳しいです。2.にもつながりますが、Part5を15分で解き終えることを目標にがんばってみます。

次に「2.Part1.2.5を重点的にやる。」今までTOEICの問題集を解いたことがほとんどありませんでした。英文法をちょこっとやっただけです。けれども、それだけでも50点程度の手ごたえは感じたので、次までにPart5を重点的に取り組みたいと思います。手持ちの問題集によれば、点数を伸ばしやすいのはPart5,2,1だそうですので、これから2か月はこの三つを重点的にこなして、どの程度スコアが上がるかを試したいです。

最後に「3.テクニックを軽視しない。」ですが、・・・まあ、準備をしっかりやろうと思いました。今まで、普通のシャーペンでマークしてたのですが、これって時間のロスにつながっているなと感じました。文房具屋さんに行ったら、「マーク用鉛筆」なんてものも売っているのですね。マーク用シャープペンシルを買うべきか迷っていますが、たぶん買うと思います。去年は消しゴムを忘れるというミスもありました。まあ、お遊び気分で受験していたんですよね。

職場に点数がばれる、というのが最大の難点ですが、逆に言えばお遊び気分を払拭できる利点でもあるので、次こそは恥ずかしくないレベルの点数が欲しいです。てか、このままでは絶対に終われない感じです。

TOEIC IPテスト

先日、TOEICの団体受験の制度を利用してみました。一般的なTOEICとほぼ同じですが、職場にダイレクトに点数が通知されてしまうためにちょっと気が引けていました。しかし、一般の受験の半額程度で受けられるということで、今回はこちらで受けることに。

今回も、あまり勉強の時間がとれず、ほぼぶっつけでしたが、三回目ということもあり以前よりも時間配分がうまくいったように思います。一週間前に文法問題を200問解いておいたのもよかったと思います。また、土地勘のあるところでの受験でしたので、非常にリラックスできました。

ただ、点数に直結しているかどうかは謎。わからない単語が多いため、語彙の強化が必要だなと痛感しました。自分の手ごたえとしては500点は超えているだろうけれど、600点には達していないだろうな、という感じです。うーん、恥ずかしい。

帰り道「やっぱり900は欲しいよね」「まだまだだよね」という会話を聞いて、切なくなりました。

来年の2月か3月にも実施されるようなので、そこで雪辱を晴らすことにします。

続きを読む

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

3時間でできるはずがないシリーズ

TOEICの学習用に「3時間でマスター! 新TOEIC(R)テスト」シリーズを四冊全部買いました。3時間でできるとは全く思っていませんが、新書で空き時間にちょこちょこできるので、重宝しています。今は英文法の本を重点的にやっています。

3時間でマスター! 新TOEIC(R)テストの英文法

収録されている600問を完全にマスターするために、3時間しかかからないなんてむちゃくちゃですね。5回やると仮定すれば、30時間でもきついかも。今は最初の100問を3回ほどやって、今は100問から200問までを見ているところです。

ちなみに、このシリーズは文法、英会話、英熟語、英単語があるのですが、英単語は個人的にはやり辛い印象がありました。語彙力のチェックには使えるかもしれませんが・・・。しかし、その他は使えそうですので、隙間時間を有効活用したいです。

なお、無料の音声ダウンロードサービスがありますので、なかなかお得なお値段設定だと思いました。英単語以外はおススメです。

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

ティナ・シーリグとマイケル・サンデル

暑い日が続いていますが、英語の勉強は続けています。

最近は、家事をしながらDVDを流しっぱなしにしたりして。流しているのは以下の二つ。

ティナ・シーリグのスタンフォード大学白熱講義

日本で「正義」の話をしよう〔DVDブック〕 サンデル教授の特別授業

どちらも、本とDVDのセット販売です。サンデルのほうは日本語字幕と英語字幕が選べるので、英語学習者にはありがたい限り。ティナ・シーリグのほうも、日本語字幕を消すことができます。

一流大学の講義を聴くことができるなんて、いい時代になったものですね。youtubeではいろんな講義を探すことができるので、ちょくちょく活用しています。
プロフィール

K子(kei-ko)

Author:K子(kei-ko)
英語学習と読書記録のブログです。
youtubeとオンライン英会話がマイブーム。
アニメや漫画にこじつけた英語学習にチャレンジしています。

中学生のころは英語の成績は1か2、進学してからも英語は苦手で、社会人になっても全く話せないままでした。震災や海外から来た人とのやり取りを経て、2012年ごろに本気で英語学習を再開しました。

目標:ITP577 iBT80
現在:ITP523 iBT63


My hobbies are reading books and studying English. I sometimes post an article in English to my blog.
Diary in English

TOEFL ITP
2016秋 49,53,55, 523
2016春 50,48,54, 507
2015秋 47,47,54, 493
2015春 49,49,53, 503

TOEFL iBT
2016/03 R16L15S14W18

TOEIC記録(青い数字はip)
2016/12 L375+R320=T695
2016/07 L440+R385=T825
2015/12 L380+R330=T710
2015/07 L400+R385=T785
2015/07 L360+R380=T740
2015/03 L345+R360=T705
2015/02 L315+R310=T625
2014/12 L420+R395=T815
2014/08 L350+R355=T705
2014/07 L345+R305=T650
2014/03 L340+R350=T690
2014/03 L355+R365=T720
2013/11 L355+R310=T665
2013/09 L385+R305=T690
2013/08 L330+R290=T620
2013/01 L280+R275=T555
2012/11 L270+R280=T550
2012/08 L260+R275=T535
2011/09 L245+R220=T465
2011/01 L280+R195=T475

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード