Who is Svengali ?

「I want you」をカラオケで歌えるようにはまだまだ先になりそうだ、ということにようやく気が付きました。きついわこれ。

で、まだ歌えそうな曲にシフト。Babymetalの「ヘドバンギャー」は歌えるようになりました。人様からみてどうなのかは保証の限りではないですが。

で、やっぱりSlipknotを聴いてしまっています。「The Devil in I」はカラオケでよく歌っています。
今は「The Negative One」という曲を聴いているのですが、Svengalilという単語が出てきて、なにこれ?となりました。

で、調べてみたら小説に出てくる有名なキャラクターのようです。ネット上の辞書によれば「a person who completely dominates another, usually with selfish or sinister motives. 」とのこと。

Slipknotは歌詞に難しい言葉が使われてて、私の中二魂を刺激してくれます。TOEFL単語集ですでに学んだにもかかわらず忘れてしまっている単語がありますが、まあ気にしない。

復習すべき単語
disguise
dementia
reciprocity
nascent
egregious
lesion
centipede
cataclysm
circumvent
disavow

この曲はjoysoundならlive画像を見ながら歌えるので、得した気分になれます。

スポンサーサイト

頻出テーマ本 2-21.22.23

ブログにするのをすっかり忘れていましたが、ここ一週間くらいで「頻出テーマで はじめてのTOEFLテスト 完全攻略 」の三つのトピックを学んでいました。どれもなかなか難しい単語が使われていて苦労しましたが、一応暗唱できるようにはなりました。

この本でTOEFLスコアを劇的にあげる、というのは難しいと思いますが、基本的な教養を身につける、というのはいい戦略だと思いました。

この週末で復習して、完璧にしておかないと。

最終回:野球マンになった十四松をなだめる一松

友人とカラオケに行くことになったのですが、「I want you」がちゃんと歌えるかちょっと自信がないです。この曲が歌えない限り、スキャットマンは無理かも・・・。早口の歌って難しいですね。

さて、以前描いていた絵に英語の文章をつけました。最終回で、大好きな野球ができることに興奮しておかしくなってしまった十四松と、ムツゴロウさんみたいになだめる一松です。白黒だと十四松がちょっと怖いですね。
yakyuman0428.png
 

荒木飛呂彦の漫画術

「ジョジョの奇妙な冒険」の作者、荒木飛呂彦氏による漫画作成に関する新書です。ジョジョ好きの私としてはいつかは読みたいと思っていたのですが、やっと読むことができました。ジョジョの世界観が好きで、私の日本語がアレなのはジョジョがこの世に存在しているからと言っても過言ではありません。擬音、色彩、ポージング、どれをとっても唯一無二の作品は多くのファンを獲得しています。

で、読んでみましたが、いやもう、本当に面白いです。ジョジョは4部までしか読んでいなかったのですが、その先もぜひ読んでみたいし、魔少年ビーティーも読み返してみたいと思ってしまいました。

あの独特なポージングの原点や、デビュー後の苦労などが余すところなく書かれています。ネームと実際の作品が掲載されているなんて、こんな豪華な新書が存在するとは・・・(滂沱の涙)。

GW中に、もう一度読み返します。

cut one's teeth

ノラガミのストーリーを英語で説明しようと思っているのですが、北欧の人に日本の八百万の神について説明することの難しさを痛感しています。何をどこまで説明すればいいのか・・・。しかし、漫画やアニメについて英語で語る、ということは以前からやってみたことだったのでなんだか嬉しいです。

さて、Skyfallを練習しているときに、youtubeがこの曲をすすめてきたので視聴したらなかなか良かったです。

Lorde - Royals


cut one's teethという表現は知らなかったのですが英辞郎によれば、「初めて経験する」という意味があるのですね。「cut one's teeth as」なら「として経験を積む」なんですね。

Air quotesについてのおすすめ動画

いろんなyoutubeの動画を見ているのですが、今回はバイリンガール英会話がとっても面白かったです。



なんとなく使い方は分かっていたのですが、知らなかった用法もあって、勉強になりました。テイラー・スィフトの歌詞についての理解も深まりました。英語で会話する機会のある人は観るべきだと感じました。

ジョジョ4部のエンディングに翻弄される、の巻

先日、友人としゃべっていて、「最近また5曲カラオケのレパートリーが増えた」といってしまい、さすがにそれはないやろ、と一人反省していました。

しかし、数えていると、amazarashiの「季節は次々死んでいく」「スピードと摩擦」、Adele「Skyfall」「Rolling in the Deep」、オリラジの「Perfect Human」の5曲を歌えるようになっていました!嘘ついてなかった!!

で、今はSavage Gardenの「I want you」を練習しております!開始20秒くらいから40秒位の部分を繰り返し聴いていますが、いまだにちゃんと歌えるようになりません。「a place where」の部分がまったく聞き取れず、もう300回くらいは聴いたはず。

ようやく聞き取りができるようになったので、もうちょっと頑張ったら歌えそう。この曲、今放送中のジョジョの奇妙な冒険のエンディングに使われてて、マジでかっこいいです。


19話:十四松太子と一松

TOEFLiBTのスピーキング問題で「あなたの好きな歴史上の人物は?」という問題があるようなので、聖徳太子について文章を作ってみました。で、19話の十四松太子の絵を描いていたのでつけます。
114matsu0425.png 
この一松かわいいですね。アニメでは、ものすごい質問を十四松にして激怒させてました。

全然関係ないですが、先日、留学生の女性に「おすすめのアニメはありますか?」ときかれて困りました。おそ松さんはギャグが下品だし、ジョジョはちょっと怖いし、うーん・・・。帰り道に「ノラガミっていっておけばよかった」と歯軋りしました。
GW明けにまた会う予定なので、そのときにはノラガミをおすすめしたいです。

トド松のモデルは東京03の豊本氏だそうです。

地獄のように滑っても、手数だけは多く、というのでアプリゲームのトド松を描いてみました。ゲームはトト子ちゃんにプレゼントを上げる、というコンセプトだそうで、兄弟全員がおしゃれしています。
Todomatsu0422.png 
14話の「トド松のライン」が個人的に面白かったので、英文に書いてみました。脚本を書いた人がラジオで、「トド松のライン」は東京03の富本氏の性格を参考にした、といっていたのでそのことも英文に。

いろんなゲームやコラボを見ていると、主人公全員がニート、というのは逆に言えば何にでもなれるので商業的には汎用性が高くてよろしい、という点に気がつきました。しばらくコラボで儲けた後にまた2期の発表をするのでしょうか。

その期待を持ちつつこのシリーズを描いていきたいものです。

23話 灯油

地獄のように間違い続けても、私はこのシリーズをやめないッ!!(ジョナサン・ジョースター風に)

兄弟たちのプライドなき争いが面白かった「灯油」ですが、以前描いた絵があったのでアップしておきます。今回も前回にひきつづき、おそ松兄さんの絵です。

osomatsu0421_.png 

英文の内容は、松野兄弟が石油ヒーターの燃料を切らしてしまい、誰が補充するかで揉める、という23話の内容についてです。寝たふりをして補充係から逃れようとする一松に、おそ松がコヨリを鼻に入れて起こそうとする、という絵。おそ松の下衆な顔が描いてて面白かったです。
最初の一文を書くのが結構大変でした。

オタ魂炸裂のマレーシア語学習

マレーシアのお土産で、なんとマレー語で翻訳された日本の漫画をもらいましたッ!!

しかも、ネットでも話題の穂積作「式の前日」!!マレー語なんてさっぱりですが、google様と漫画を読みたいという私の情熱で持って、最初の5ページは何とか意味が分かりました!しかし、ぼんやりとしか分からないので、結局日本語版も買うことに。まあ読みたいと思っていたし、いいか。

ちなみに、「私」は「saya」「aku」というようです。

ネットで調べたところ、マレー語は日本語話者にとっては学習しやすい言語であり、10日勉強すれば少しはしゃべれるようになる、とのことなので、ちょこっとだけ勉強してみます。


頻出テーマで はじめてのTOEFLテスト 完全攻略 2-20 その2

久しぶりのオンライン英会話ですが、何とか2-20の英文の暗唱をすることができるようになりました。そうはいっても「over」「on」の単語を飛ばしてしまったり、18を19といってしまったりとアホみたいな間違いをしてしまっています。

それでも、2年前位に比べるとこの種の文章を読むのもかなり遅かったので、一応成長しているのだと感じます。

某ラジオ番組が最終回ッ!!

どこに向かっているのか不明のこのブログですが、今日はおそ松を描いてみました。ラジオ番組シェーwaveにおそ松役の声優さんが出ていたけれど、今回で最後だったのがショックですよ、という話です。なんか間違えているような気もするけど、おそ松さんで英語学習シリーズは「地獄みたいにすべっても、手数が多い」方向を目指して努力します。
osomatsu0418.png 
髪型が一松ぽいですが、「第四話 自立しよう」で両親が離婚するかもしれないと知ったときのおそ松の顔を参考にしました。
過去完了の使い方がいまいち分かっていないので、また勉強します。

ジョジョ4部のED:Savage Garden - I Want You

十四松のクトゥルフ絵がブログの一番上に来るのはいくらなんでもアレなので、音楽についても投稿しておきます。

今回はSavage Garden の I Want You

忙しい割にはジョジョ4部は視聴しています。3部に比べると色使いがポップアートみたいになっています。ジョジョは漫画よりもアニメのほうが好きかも。特に中学生のころはジャンプを読んでいたにもかかわらず、絵が生理的に受け付けなくて、ちゃんと読んでいなかったような気がします。あ、でもイギーは結構好きで、とくに「犬好きの子供は見殺しにできねーぜッ」という台詞は印象に残っています。ジョジョ3部もよかったですね。1部2部は海外版のDVDで英語学習しながら見ているのですが、早く3部の海外版も出てほしいです。

そんなこんなでジョジョ4部エンディングもかっこいいのですが、音楽がどこかで聴いた曲だなと思ったら、やっぱりSavage Gardenの20年位前の曲でした。



この曲も歌おうと思うとかなり難しいですが、スキャットマンよりは楽そう。スキャットマンの歌は練習すると頬の筋肉がびりびりしてくるのでちょっと休憩中です。

そうそう、Adeleの「Rolling in the Deep」はカラオケで歌えるようになりました!非常に歌いやすい曲です。

十四松がクトゥルフ神話に関係している、という曲解

 こじつけも甚だしいですが、せっかく絵を描いたので英文と絵をアップしておきます。英文の内容は、触手だせるし、異常に早く泳げるし、兄弟もなんかあいつ違うと思っているから、あいつだけクトゥルフの世界から来てるんちゃう?という感じです。
 この絵はちょっと前に描いたのですが、ちょっとグロい感じなのでアップロードするかどうかはしばらく悩んでいました。絵を見ていやな気持ちになったらホントごめんなさい。
CJyushismatsu0417_.png
フォントをPMingLiU-ExtBにしたら昔のペーパーバックぽくなったような気が。いつもはメイリオです。

Thursday, Aplil 14

I like Cthulhu Mythos.
Cthulhu is a cosmic entity created by Lovecraft.
It introduced in the short story "The Call of Cthulhu" in 1928.
Cthulhu resembles octopus, man, and dragon.
It has been confined in Rl'yeh.
According to Lovecraft's story, R'lyeh is a sunken city in the South Pacific.

I draw a picture of Jyushimatu, but I hesitate whether I should upload it or not.
It is grotesque because Jyushimatsu in the picture is an imitation of Cthulhu. In the picture, I described Jyushimatsu as a son of Cthulhu.

R・ターガート・マーフィー: 日本 呪縛の構図 上 (四、五、六章)

二冊全部読むことは難しいと感じたので、見切り発車で書きマッスル。

「日本 呪縛の構図」の上巻の後半だけ読みました。戦後日本社会の変容が非常に面白かったです。似た内容の本は何冊か読んでいるのですが、この本で分かったことも多く、勉強になります。

意外に風俗やAVのことも書いてあって「日本人って変態だなあ」と思っているのであろうことがひしひし伝わってきました。

第六章に「野球とサラリーマン文化の登場」という部分があり、以下のような文章がありました。

「彼らが一斉に目指したのは客との性行為が行われる「トルコ」や女性店員がテーブルの下でオーラルセックスを主とした性的サービスを提供する怪しげな風俗店だった(247ページ)」

マジかッ!マジなのかッ何だその怪しげな風俗店ッ!

ちなみに、この本は元々英語で書かれた物で、実は原書をイキって買っていたので、英語もチェックしながら読んでみました。和訳を読んだ後だとかなり読みやすくなるので、何とか読み終わりたいけど何時になるんだか。

そうそう、野球に関しては、なぜバスケやサッカーではなく野球が日本で人気となったのかが描かれていました。野球人気って、ホント昭和って感じですね。

この部分の後に高度成長期の女性の生活が描かれていて、トト子ちゃんとそのお母さんのことをふと思い出したり。

頻出テーマで はじめてのTOEFLテスト 完全攻略 2-20

TOEFLの勉強記録です。今回のテーマは奴隷亡命組織について。歴史の負の側面ですね。

smuggleという単語がすっきりと頭に入ったような気がします。

半分くらいは暗記したので、まだまだ復習したいです。

そうそう、最近は英文を読む前にオーディオを繰り返し聴いて、理解できるかどうかを試しています。・・・残念ながら、現段階ではところどころ聞き取れた単語をつなげて内容を推測している状況です。

なかなか、道のりは遠い。

最終回:焦る一松

うっかりカラ松のチョイスに同調して動揺する一松を描きました。
Ichikara0408.png

カラ松への本音がばれて、焦る一松、という感じですが、本音をどう訳すか分からないと思っていましたが、一応「real intention」にしました。武道館コンサートはカラ松役の声優がやってくれる可能性は否定できません。

続きを読む

最終回:ジョジョ立ちするカラ松

ジョジョは第3部から第4部までジャンプで読んでいた私ですが、ジョジョのパロディを今か今かと待っていました。進撃の巨人リヴァイのパロディがあったので、ジョジョのパロディは絶対にやると思っていました。十四松でなくて、カラ松がやるとは予想外でしたが、超絶面白かったです。

まずは英語字幕の確認。

ブラザー、サインの確認をしておこう。
Brother, let's go over the signals.

これがストレート
This means a fast ball.

これがカーブ
This means a curveball.

これがフォークだ、アンダスタン?
This means a forkball. Understand?

わからん。
Nope.

karamatsu0407_1.png


超好きなシーンですが、描くのがめちゃくちゃ難しかったです。なお、一度目にアップしたカラ松の顔が気に入らなかったので、差し替えています。ジョジョ立ちって適当に描いたらめちゃくちゃキモくなるんですよね。英語版のジョジョの漫画を何冊か持っていて、それを写したことはあったのですが、何回やっても、キショイ絵になってしまい、挫折していました。

それに比べると、このカラ松は比較的描きやすかったです。私も、ジョジョ立ちの書き方を会得しつつあるのか・・・ありがとうカラ松(を作画した人)。

そうそう、「go over」の意味に「確認する、点検する」というのはきちんと理解できていなかったので、この機会に使えるようになりたいです。

最終話を観て、日本社会における野球の位置づけに興味を持ちました。「日本 呪縛の構造 上」にサラリーマン文化と野球、という章があり、非常に興味深いです。上下巻両方とも読めたら、感想等をまた書きたいですが、なかなかの厚さのため、全部読みきれるかちょっと自信ありません。

ケツ毛燃えるね!は英語でなんて言うの?

おそ松さん最終話の抽選会での六つ子たちの会話から、英語を学んでみたいと思います。

ああ、どきどきするね
This is so exciting!

ケツ毛燃えるね
It gets your ass hair burning.

ねえ、みんなはもし優勝したら何をもらうの?
Hey, if you guys win, what prize are you going to ask for?

え、もうそこ触れちゃうの?トッティ
Huh? You're already going there, Totty?

言っちゃう?
You're actually asking?

俺はね、パチンコ屋と競馬場の永住権をもらう
I'm going to ask for permanent residence in pachinko parlors and horse race tracks.

おお、いいなあ
Wow, sounds good!

僕は女の子の時間を止められる摩訶不思議な杖
I'm going to ask for a magical staff that can stop a girl's time.

おお、いいなあ
Wow, sounds good!

僕はプリステージに入れてもらう
I'll get Prestige to use me in a film.

いいなあ
Nice!

俺は猫転換手術
I'll get a species change operation to become a cat.

いいなあ
Nice!

俺は武道館でワンマンライブだ
I'm going to have a solo concert at the Budokan.

いいなあ
Nice!

しまったーーー!!
Damn it!

※ケツ毛燃える?:getの用法の再確認
チョロ松の決まり文句ですが、「ケツ毛燃えるね It gets your ass hair burning.」と訳されています。ジーニアス第4版で調べてみると、getには大きく分けて三つの意味があるとのこと。

1具体的な物を所有するに至る
2理解して得る
3ある状態になる

燃えている状態になる、ということですのでこの場合のgetは三番目の意味ですよね?

14 【SVO doing】a)<人が>O(人・物)を・・・させる
(ジーニアス英和辞典第4版 826ページ)
「機械を始動させた I got the machine running.」という例文がありました。

getの意味は1の所有する、という意味に気を取られがちですが、それ以外の用法もちゃんと理解して使いこなしたいです。「ケツ毛燃える」は使う機会はないでしょうが・・・。

※プレステージに入れてもらう?
最初に観た時はアイドルグループか何かだと思っていたのですが、調べてみたらAVメーカーでした。レンタル彼女の回でトド松がイヤミたちを罵倒するときに「アロマ企画でもないね」と言っていて、それも結局AVメーカーでした。トッティ詳しいんだね・・・。

しかし、「I'll get Prestige to use me in a film.」という意味が分からなくて考え込みました。ここでもgetが使われていて、Prestigeを「to use me in a film.」の状態にする、という意味になるのですが、具体的にどういうことなのかイメージしにくいです。プリステージで働かせてもらう、という意味で言っていると思うのですが。useには「働かせる」という意味があるのですが、「in the film」が後に続くとなると、トド松が出演することになります。であれば、日本語のセリフは「プリステージに出してもらう。or使ってもらう。」になるのではないかと。個人的には、プリステージに入れてもらう、というのは「I'll get Prestige to employ me.」になるのかな、と思うのですがどうなんだろう。

かなりどうでもいいことをつらつら書いてしまいましたが、一応こんな感じで。この会話の最後らへんは非常に面白かったので、また絵にかいてみたいところです。

武居俊樹「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」文藝春秋

久しぶりに読書の記録です。

長く赤塚不二夫の担当をしていた著者による、赤塚不二夫本を読みました。非常に面白かったです。ひとつの時代を書ききった、いい本だと思いました。あの時代の編集者という仕事も描かれて興味深かったです。「おそ松くん」「天才バカボン」といった数々の名作が、けして一人の手から生まれたわけではないことがわかりました。

いくつか、興味深かった文章を引用します。

まず、1966年の最初のおそ松くんアニメ化に関する赤塚不二夫の言葉。

「武居さん、あのアニメ見ない方がいいよ。出来がひどいから。TVは漫画とは別物。TVはTV屋のもの。映画は映画屋のもの。漫画を奴等の手に渡しちゃったら、どう料理されようが、しようがないんだよ。(136ページ)」

この本で、赤塚不二夫の幼少期を知ることができますが、時代ということもあり、かなり厳しいです。満州から帰国する時は特に困難を極めた様子が伝わってきます。

「死体が散乱する草原。真っ赤な夕焼け空に何千何万のカラスの大群が飛んでいた。オレは、今でも、その夢を見るよ。(64ページ)」「人は、天使にもなるが、獣にもなる。(66ページ)」「満州でも、人間が追いつめられると、みにくい獣になるのを見てきた。でも、オレは、そんな、どうしようもない人間が、嫌いじゃない(71ページ)」

平成に蘇った「おそ松さん」では、「こんなアニメ、赤塚先生が見たら悲しむだろう」という感想もありました。その感想は正しくもあり間違ってもいるような気がします。満州引き上げの混乱の中、幼い妹二人が病と栄養失調で亡くなっています。たくさんの兄弟が元気に暴れまわるおそ松くんにはより思い入れがあったのではないか、とも推測できます。「あんなアニメ、見るもんじゃないね」といいながら、「大人になっても、全員元気に馬鹿やってるんだね」と少しは喜んでくれるのではないか、などと思ってしまいます。

松ロスを感じている人はぜひ読むべき一冊です。

最終回の絵を描いてみました

「ショート」画何を意味する言葉か分からないほどに、これまでの人生でほとんど野球に関心を持っていませんでしたが、最終回をみてようやく意味が分かりました。麻雀といい、おそ松さんで知ったことは実は多かったりして。

で、最終回で面白かったシーンをいくつか描いて見ました。一つ目はまったくやる気がなくボールと戯れる一松。
Ichimatsu0403.png

優勝したら、猫転換手術を受けたいとのことでしたが、その必要はないのでは・・・。次は酔っ払ってチョロ松を煽る、長男おそ松。
osomatsu0403.png


ジョジョ立ちするカラ松も描きたかったのですが、ちょっと難しかったです。
プロフィール

K子(kei-ko)

Author:K子(kei-ko)
英語学習と読書記録のブログです。
youtubeとオンライン英会話がマイブーム。
アニメや漫画にこじつけた英語学習にチャレンジしています。

中学生のころは英語の成績は1か2、進学してからも英語は苦手で、社会人になっても全く話せないままでした。震災や海外から来た人とのやり取りを経て、2012年ごろに本気で英語学習を再開しました。

目標:ITP577 iBT80
現在:ITP523 iBT63


My hobbies are reading books and studying English. I sometimes post an article in English to my blog.
Diary in English

TOEFL ITP
2016秋 49,53,55, 523
2016春 50,48,54, 507
2015秋 47,47,54, 493
2015春 49,49,53, 503

TOEFL iBT
2016/03 R16L15S14W18

TOEIC記録(青い数字はip)
2016/12 L375+R320=T695
2016/07 L440+R385=T825
2015/12 L380+R330=T710
2015/07 L400+R385=T785
2015/07 L360+R380=T740
2015/03 L345+R360=T705
2015/02 L315+R310=T625
2014/12 L420+R395=T815
2014/08 L350+R355=T705
2014/07 L345+R305=T650
2014/03 L340+R350=T690
2014/03 L355+R365=T720
2013/11 L355+R310=T665
2013/09 L385+R305=T690
2013/08 L330+R290=T620
2013/01 L280+R275=T555
2012/11 L270+R280=T550
2012/08 L260+R275=T535
2011/09 L245+R220=T465
2011/01 L280+R195=T475

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード